カンデーレのなんでもノート

考えていることを書きだすノートです!

日本で一番長い道路

 先ほど、ラグビーワールドカップの決勝戦が終わり、南アフリカが優勝をしました。日本との試合では、強烈なタックルでトライをさせず、勝利を手にしました。敵ながらあっぱれ、という感じだったでしょうか。悔しいですが、強さがよくわかりました。

 

 さて、ラグビーとは全く関係がないのですが、横浜に住む私にとって、「国道1号線」というのは、なんとも親近感のわく道路です。江戸時代の五街道の一つ、東海道をほぼたどるこの幹線道路は、あの箱根駅伝のルートにもなっています。私もよく利用する横浜駅も、この道路沿いにあり、勝手ながら身近に感じる道路だと思います。

 私はてっきり、日本最長の道路は、国道1号線だとずっと思っていました。なにせ「1」が付くわけですから、1番だと思っていたのです。

 

 ですがふと、「日本で一番長い道路」と検索してみたら、なんと。

 国号4号線が一番長い、との結果が出ました。

 

 ・・・4号線?

ja.wikipedia.org

 

 東京都中央区日本橋から、なんと本州最北端青森県青森市までを通る道路なのだそうです。

 五街道のうち、奥州街道日光街道を含む、全長742㎞(現道部分)にもなる道路で、国道1号線の639㎞と比べても、100㎞以上もの差があるとのこと。それにはびっくり!

 

 ただ人が通る「道路」なのですが、よく見てみると、とても興味深いものです。「ルート○○」などと、親しみを込めて呼ばれるものもあれば、曲名にも使われる道路もあり、道路と人々のくらし、文化とつながりが深そうです。

 もう少し調べてみようかなと、思った今日この頃でした。

 

※参考先サイトは上記のほか、以下になります。

www.mlit.go.jp

身が入らない・・・

仕事に身が入らないときってありますよね。

やる気が出ないとか、気持ちがあがらないとか。

 

そんな日が、毎日のように来ています。

休みがあっても、「頑張ろう!」という気持ちにつながらないのは、何なのだろうと思います。

 

腕を上げれば、仕事が楽しくなるのだろうけれど、今は未熟故、なかなか達成感を感じない日々。

もう少し頑張らないと、見えてこないのかもしれないと、頑張らなきゃという気持ちと身が入らない気持ちが拮抗している今日この頃でした。

楽しいことをみつけたい。

 こちらのブログは長いこと放っておいて、開いたらなんとも久しぶりでした。

 

 社会人になって、数年たちました。まだまだ未熟者、毎日が勉強で、大変な日々です。

 仕事のことばかり考えていると、気がめいりそうで、連休が何とか自分の心を維持してくれています。

 

 最近の悩みの一つが、「楽しみがないこと」。

 数年前から言っているでしょうか。

 何をやっても楽しくない、なんてことがつい最近ありました。それだけ気持ち的にもつかれていたのだと思います。

 仕事ばかりだと、疲れてしまうからということで、趣味や楽しいことでも見つけたいなとあれこれ考えてはみるのですが、なかなかありません。

 

 考えること数か月、いろいろと気付いたこともありました。

 大学生のときはそりゃ、時間がたくさんありましたから、やってみたいことに挑戦したり、時間をかけたりすることができました。プレッシャーもほとんどなく、「楽しいこと」にただ集中するだけでよかったものでした。

 ですが、今は社会人。

 「楽しいこと」だけでなく、仕事のこと、自分自身のこと、あれこれ考えなくてはなりません。それだけそれらのことに、心を動かさないといけない分、どうしても「楽しいこと」に入り込むことが難しくなります。そこに、「楽しみがない」こととつながるのかもしれないと思いました。

 昔やっていたことも、今やってみるとそう楽しく思わないのは、それが一つの原因になっているからではないかと思いました。加えて、見ている世界が広がったことも、要因として挙げられると思います。これまで知らなかった世界、それは良い意味でも悪い意味でも、視野が広がったと思います。それだけ、今まで満足していたことに満足しなくなってしまいます。

 

 これまで好きで追っていた「ディズニー」のことにも、身が入らなくなってしまった気もしました。(それは、ただ「ディズニー」の世界の広さに圧倒されてしまっただけかもしれませんが・・)

 

 はて、困りました。何をすれば楽しいと思えるのか。アイデアがなくなってしまいました。

 

 とあるブログの記事を拝見していましたら、

 「楽しみを見つけようとすると、見つからないもの。ただ、出会えるのを待っているだけでいい。」という趣旨のことが書かれていました。

 いろいろなことにチャレンジすることで、新たな出会いに巡り合えるというのが、一つあるかなと思っていました。一見矛盾するような記事ですが、考えてみればどちらも一理あり、「見つけようとする」ことはしないまでも、なんとなく過ごしている中で「出会い」があるようにも思いました。そう考えると、つながります。見つけようと「しない」こと。

 

 「楽しみがない」今の現状に、困り考えある故、いち早く見つけたいと焦るものですが、躍起になって探そうとはせずとも、少しずつ進んでいく中で、その「出会い」を待ちたいと思います。

 まず、今は「ディズニー」のことや、ちょっと興味があるものにチャレンジしてみたいと思います。

 

 心が疲れているときは、何をやっても楽しめないものですよね。自分も実は夏休み前がそうでした。休みがあったから、気持ちを切り替えることができました。

 あとは、現状を変えたいと思って、できることをやってみることも、大事だとわかりました。失敗しても、そのあとに感じる「やり切った感」が、意外と気持ちを切り替えさせてくれます。

 

 ・・・一体誰に向けて書いているのか、わからない記事となりましたが、自分の学んだこと?考えたことを書きだしてみました。書くって、大事・・。

楽しみを見つけたい。

 先日ありがたく、ボーナスをいただきました。自分からすればたいそうな額。ありがたい限りです。

 さて何に使おうかな。と思う反面、通帳に入った額をみて「なんだか使うのがもったいないなあ」と思う自分。

 どうしようかな・・・。

 

 とはいうものの、使い道がないのも事実。ディズニーの年パスをまた買うかな?と思いつつも、そんな頻繁にけないし、旅行にでも行こう!と思いつつも、行きたい場所がなかなか思い浮かばない・・・。

 

 加えて最近の悩みが、「楽しみがない」こと。

 子ども時代は、あれこれ楽しみがあって、よかったなあと過去を振り返るも、そりゃあ大人になれば、働かなければならない故、自由な時間も限られてくるので、昔ほど楽しみが減るのは当然のこと。

 でもなあ、何か楽しみがないかな。

 

 休日の過ごし方と言えば、「ぐったり」。横になって寝る、こうやってパソコンに向かっては、You Tubeをみたり。ブログを書いたり。

 それくらいしか楽しみがない。

 

 仕事疲れで、外に出ようという気力すらない。ましてや人ごみに行くなんてもってのほか。行くだけで嫌な気分になる。

 じゃあ、どうすればいいのか・・。

 せっかく去年買った、バカ高いカメラもあるのに、撮りに行こうという気力もなく。

 

 楽しみというかなんというか、気分転換をしたいという気持ちが大きい。仕事のことで悩む毎日。月曜日がいつも辛い。仕事に身が入らないから、うまくいかない。それじゃダメなのはわかっているけど、気持ちが追い付かない。

 だからこそ、何か楽しみでも見つけて、気分転換できたらいいのになと思う。

 

 映画でも見に行くかな?でも、それで一日が終わっちゃうのもむなしい。

 そんなこと言っているから、楽しみが見つからないのかもね・・。

 充実した1日を過ごせば、1日なんてあっという間のはず。それを嫌がっていたら、楽しみなんて見つかるはずがない、のかもしれない。

 だらだら過ごして、気づけば夕方。あー、また1日が終わった。明日から仕事。それが嫌になる。時計を見ては、時が過ぎていくのをみて、それが嫌だからベッドに入って寝る。寝る暇があるのなら、何かすればいいのに・・。

 

 こうやって書いていると、いかにも考えが矛盾していることに気付く。わかっているつもりなんだけど、なんだかつらい。

 ただ単に、楽しみを見つけて「明日からまた頑張るぞ!」って気持ちになればいいだけなのに、なんでこんなにも悩まなければならないのか・・。

 

 答えは、意外とすぐに出ることなのかもしれない。とにかく何かしらやってみる。休みなんて、またすぐにやってくるのだから・・・。

未来を見つめて

 「ユーミンからの、恋のうた。」というCDを聞きました。

 実は中学生のころから、ユーミンの曲が好きでした。歌詞の意味というよりも、曲調が好きだったところから始まっているのですが。

 

 CDについているブックレットの中に、ユーミンの言葉がかかれていました。そこにこんな文章が。

歌を聴きながら、昔を懐かしく想うこともあるでしょう。

でも思い出は、未来に目を瞑るためのものではないのですよ。

明日を生きるために、あるのです。

明日へ一歩踏み出すために、思い出から力をもらうのです。

 

 仕事がなんだかつらく感じて、逃げ出したくなる毎日。仕事を変えようかなと何度も思いました。

 小さいころ、昔を思い出して、あの頃に戻りたいなあと思うこともしばしば。

 

 未来への漠然とした不安があります。でも、そこから逃げてはいけないのだなあと、なんかだユーミンの言葉が重く感じられました。

 明日への一歩を、踏み出すことを恐れずに。生きていこうと思いました。