カンデーレのなんでもノート

どんなブログか!それは書きながらはっきりさせていきます!

未来を見つめて

 「ユーミンからの、恋のうた。」というCDを聞きました。

 実は中学生のころから、ユーミンの曲が好きでした。歌詞の意味というよりも、曲調が好きだったところから始まっているのですが。

 

 CDについているブックレットの中に、ユーミンの言葉がかかれていました。そこにこんな文章が。

歌を聴きながら、昔を懐かしく想うこともあるでしょう。

でも思い出は、未来に目を瞑るためのものではないのですよ。

明日を生きるために、あるのです。

明日へ一歩踏み出すために、思い出から力をもらうのです。

 

 仕事がなんだかつらく感じて、逃げ出したくなる毎日。仕事を変えようかなと何度も思いました。

 小さいころ、昔を思い出して、あの頃に戻りたいなあと思うこともしばしば。

 

 未来への漠然とした不安があります。でも、そこから逃げてはいけないのだなあと、なんかだユーミンの言葉が重く感じられました。

 明日への一歩を、踏み出すことを恐れずに。生きていこうと思いました。